糖尿病

<糖尿病とはどんな病気か>

糖尿病は言葉通りに尿にブドウ糖がでる状態だと漠然と思っている人が多いのではないでしょうか?しかし尿に尿糖が出ているからと言って必ずしも糖尿病なのではありません。他の病気で尿に糖がでる場合もあります。

糖尿病というのは、すい臓で作られるインスリンが不足しているか、あるいはその作用が妨げられて、血糖が異常に増加する病気のことです。血糖とは生体が生きていくために必要な血液中のブドウ糖のことです。ブドウ糖はご飯などの糖質をとると血液中に増えますし、また肝臓で必要に応じて作られて血液中に出てきて、脳や筋肉などのいろいろな細胞で利用され、エネルギー源として働いています。

<糖尿病のタイプと原因>・・・糖尿病には2つのタイプがある。

ブドウ糖が全身の細胞で利用されるには、すい臓からでるインスリンというホルモンの働きが必要です。血液中のインスリンが不足すると、ブドウ糖はエネルギー源として利用しにくくなり、血糖が高くなって、尿糖もでることになります。

それではなぜインスリン不足が起るのかというと、これには2つの原因があります。

  1. インスリンはすい臓にあるβ細胞で作られますが、この細胞が破壊されてインスリンを作れない状態になる場合
  2. インスリンが正常に作られているにもかかわらず、その作用が妨げられている状態の場合

いずれの場合もブドウ糖の利用が妨げられ、血糖が増えて糖尿病が起ってきます。

インスリンを作るβ細胞が破壊されておこるタイプの糖尿病では、注射でインスリンを補給しなければ血糖はどんどん高くなり、生命維持ができなくなります。このタイプを「インスリン依存性糖尿病」といいます。β細胞の破壊は自己免疫のしくみでおこり、主として小児に発病します。

インスリンの働きが不十分なタイプを「インスリン非依存性糖尿病」といいます。糖尿病患者の95%が非依存性タイプです。

<食べ過ぎ、運動不足から肥満、そして糖尿病へ>

糖尿病は増えています。これは食事が豊かになったことと、生活が便利になって運動不足となり、肥満者が増えているためです。増加している糖尿病の大部分は非依存性糖尿病です。太り過ぎは心臓に負担をかけすぎ、肺のはたらきを押さえるだけでなく、糖尿病の原因にもなるので健康によくないです。けれど太った人は、肥満度にもよりますが、そのおおよそ10〜30%が糖尿病になります。同じように太っていても、糖尿病になるかならないかは、その人に糖尿病の遺伝素因があるかないかが関係しています。

<糖尿病がすすむとおこる症状>

糖尿病の早期にはめだつ症状がありません。糖尿病がすすむとつぎのような特徴的な症状がでてきます。

だるさ・のどの乾き・体重減少・食欲亢進・多尿、頻尿・合併症

糖尿病をほうっておくと、重大な血管障害の他にいろいろな合併症がおこります。この合併症による症状に気づいてはじめて病院へ行き、糖尿病と診断されることがあります。男性ではインポテンツが有名です。女性ですと陰部掻痒感がつづき、病院でしらべた結果糖尿病が発見されることがあります。

上記の症状に自分で気づいたら、どんなに忙しくても病院に行って検査を受けるべきでしょう。病院だと言われるのがこわいので1日延ばしをして、糖尿病の診断が遅れてしまっては大変です。

<早期発見のために>・・・積極的に健康診断を心掛ける。

早期に糖尿病を発見するためには、集団検診や職場検診、あるいは学校検診などを積極的に利用することです。

尿糖を早く見つけるには、食後、特に甘いものを十分にとってから採尿し尿検査します。このとき尿糖が陽性であっても糖尿病とは限りませんから、専門医のいる病院で精密検査を受けることが大切です。特に糖尿病予備軍(家族に糖尿病の人がいて太っている人、肥満のほかに高血圧、高脂血症を伴う人、合併症をおこしやすいのは男性に多いので男性であることも因子の一つ、内分泌疾患の人など)の人は少なくとも1年に1回は血液をとって、血糖の検査をしたほうが良いでしょう。血糖が高くなって症状が現れるまでには、相当の期間を要すると考えられているからです。

かぜをひいたり、胃腸を悪くして病院に行ったときには尿を検査してもらいその結果を必ず聞いておきましょう。

<糖尿病の診断と検査>・・・糖尿病の早期診断の為に。

自覚症状のみに頼っていたのでは糖尿病の早期診断は出来ません。そこで、次のような検査を受けなければなりません。

  1. 尿検査
  2. 尿糖検査
  3. ケトン体検査
  4. 尿タンパクの検査
  5. 血糖
  6. ブドウ糖負荷試験
  7. グリコヘモグロビン(糖化ヘモグロビン)
  8. 血中ケトン体
  9. 合併症が有るかどうか調べる

<糖尿病の合併症について>

 糖尿病の合併症は全身に現れます。また、糖尿病になった患者さんを長期にわたって苦しめるのは以下にあげるような慢性合併症です。

三大合併症は、腎症、網膜症、神経障害です。これらは糖尿病性細小血管障害ともいえるもので、血糖値が高くなり、いわば栄養過多のために、主に小さな血管に障害が起って生じるものです。
このほかに大きな血管の動脈硬化症の病変や、循環障害のために起る心筋こうそく、脳血管障害、足の壊疽などかあります。又、糖尿病が病気として患者さんを困らせるのは糖尿病性昏睡です。
また、糖尿病になると、免疫力の低下で感染症に襲われやすくなります。

<日ごろからどの様なことに注意すればよいか>

一言で言ってしまえば、自分をコントロールすることです。
好きなときに食べたり、飲んだり、暴飲暴食、偏った食事、嗜好品の摂りすぎ、運動不足etc.・・・。現代人にありがちなことです。
しかし、このような環境が当たり前のようになってしまっているのも事実です。だからしょうがない、と考えてしまっては糖尿病に一歩近づいてしまします。自分の意識を改革し、少しでもこのような状態から用に遠ざかるように心掛けましょう。