今年も花粉症がやって来る!!

今年のスギ花粉の飛散量は、昨年の1.5倍ぐらいになりそうですが、デ-タによると早い時期から飛散し始めるようです。
毎年頭の痛い花粉症、対策は万全にしましょう。

花粉症(アレルギ-性鼻炎)とは?

そもそも花粉症は、アレルギ-性鼻炎の一種で、ダニやハウスダストで起こる鼻炎と同じ機序で起こります。
花粉やダニ、ハウスダストを鍵とすると、抗体という鍵穴のようなものにくっつき、そこからヒスタミンやロイコトリエンと呼ばれる刺激物質が出て、それによって鼻水、鼻づまり、目のかゆみといったアレルギ-特有の症状が現れるのです。

原因、治療法、予防法について

ある調査によると、花粉症患者の数は10年前に比べてほぼ2倍に増加しているそうです。
その
原因は??といってもいろいろな要素があります。

治療法については大きく分けて2種類あり、

  1. 症状を事前に押さえるためのもの・・・新薬の鼻炎用薬、アレルギ-用目薬、漢方薬
  2. 体質改善を目的としたもの・・・漢方薬、免疫力を高める薬や健康食品、アレルギ-反応を緩和するといわれるカルシウム剤、肝機能を高める薬などがあります。(詳しい相談承ります)

体質改善用薬を服用しながら、症状のひどいときやつらいときに事前に押さえる薬を使うのが一番効果があるようです。

予防法

  1. 外出するときは、花粉がつきにくいビニ-ル製などの目の細かい服を着るようにする。
  2. 外出から帰ったら、家に入る前に全身に付着している花粉を払うようにする。
  3. よく手を洗い、うがいをする。
  4. 風の強い日には、窓を開けず、ふとんは外に干さないようにする。
  5. 水分の過剰摂取はひかえる。
  6. 刺激の強い食品は摂らないようにする。
  7. 肝臓の機能を高めるため、グリコ-ゲンを多く含む食品(レバ-、しじみなど)を多く摂るようにする。

<スギだけじゃない花粉の原因>

花粉症といえばスギが有名ですが、スギの季節が終わっても花粉症が止まらないという人が、結構いるようです。
考えてみれば花粉はスギだけではないのはあたりまえのことです。

スギ花粉

飛散時期 2〜4月

ヒノキ花粉

飛散時期 3月中旬〜4月中旬

カモガヤ花粉

飛散時期 5〜6月

ブタクサ花粉

飛散時期 8〜9月

このような花粉に過敏にアレルギ-を起こす人も少なくないのです。

花粉症は1度かかると、なかなか完治するのは難しいものです。
花粉症とは、コップに水滴がたまっていきあふれだしたときに症状がでてくるようなものなので、現在そうでない人でも花粉症がいつ起こってもおかしくないのです。
人間の体は実はそれほど弱くないのですが、それに甘えて無理な生活(食生活も)をしていると、花粉やウィルスのような異物が体にはいってきても、それに打ち勝つ力(抵抗力)が弱くなりさまざまな症状を引き起こします。
空気汚染などまわりの環境の原因などもありますが、自分でできる予防法は最大限にするように心掛けましょう!!!