花粉症についての質問

HOME

 

Q.62 

わたしも10年来の花粉症です。「レバンコンク」「ササヘルス」「バイランCa」って効くそうですね。わたしも飲んでみようかな。

A 

これら、3商品はいいです。私が飲んでみての実感です。体質改善にはもってこいの商品です。お試しください。

  • レバンコンクは、抵抗力を高めるとともに解毒力を高めます。
  • バイランCaは、アレルギー症状の過敏な反応をおさえてくれます。
  • ササヘルスは、抗アレルギー作用と、血液の浄化をすることにより体質を改善します。

簡単に書くと上のような作用があります。どちらも”医薬品”ですので安心して副葉頂けます。

Q.61

今回更新のメイルを頂いて、花粉症にササヘルスというのが目に入り、フラフラと迷い込んでしまいました(笑)実は私の旦那がひどい症状でかわいそうなんです。試してみようかなぁ… どうし様かな… と迷っています。

A

だんなさまが、花粉症なんですか。実をいうと、Woodyさんもおととしまで、10年来の花粉症だったんですよ。でも、やっぱりササへルスを6ヶ月くらい続けて飲んでいたら、とうとう去年は花粉症の症状が1度も出なかったんです。まぁ、他にも飲んでた薬はあったんですけどね。でも、結局免役力をつける意味では、ササへルスに勝るものなしです。

私の実姉も10年来の花粉症と、アレルギー性の皮膚病だったんですよ。医者にも10年通ってたけど、結局治らず。んで、私の強い薦めで、半信半疑ながらも、去年からササヘルスを飲み始めたんです。

飲んで1ヶ月もしないうちに、皮膚の方は、みるみるよくなってきて、今では、医者からもらった薬もいらなくなりました。そして、今年の花粉症の季節。本人は「大丈夫かなぁ?」と言っていましたが、これからどうか?見物です。その結果もぜひ報告しますね。

ササへルスはけっこう知る人ぞ知る薬なんですよ。というのも、効果はすごく評判がいいんだけど、全国的に取り扱い店が少ないので、なかなか手に入らないんです。なぜ取扱店が少ないか?というと、特別CM等もしないし、名前も売れてないような商品を、店頭に並べているだけでは、売れないのですよ。

いわゆる今ある、ドラッグ形態の薬局とかは、どうしてもセルフ販売が大半ですよね。でも、もしもササへルスという商品が店頭に並んでいて、自分から、手にとって飲んでみよう!と言う気になるか?ということです。だから、メーカー側が、そういう無名の商品でも、お客様に薦める力・能力のあるお店にだけ、取り扱いできるようにしてるのです。んーなんか、売る側のお話をしてしまいましたねぇ。

まぁ、でもそんな感じのいきさつのあるものなんですよ。どうしても、お客様側は、聞いたことがない名前の薬=効かないと思い込んでるようで、”逆プラセボ効果”とでもいうか、信じて飲まないと効果は半減。なので、もしも、試してみようと思ったならば、「効くのかどうかわからないけど・・・」という気持ちではいないでほしいんです。

それこそ、今出てる症状を抑えるだけなら、その辺の薬局で売ってる鼻炎の薬とか目薬とかそういうのの方が止まります。あくまでも対症療法薬ですから、その時だけの薬ですが。ササへルスの場合は、「体質改善」を目的としていることを、忘れないでくださいね。

Q.60

私ただいま花粉症のまっただ中におりまして・・・・目のかゆみだけの症状なんですが・・・痛し痒しで悩んでおります良きアドバイス宜しくお願いいたします。

A

花粉症の方がいる場合は換気するとその方が辛いですから難しいですね。しかし、花粉というのは雨の降っているときには飛びませんからそのタイミングを見計らって換気をしてみたらどうでしょうか?空気清浄機もある程度効果はありますが万能ではありません。一度落下してしまった埃や花粉などは処理することが出来ません(もう一度空気中に巻き上がれば別ですが・・・)ですから、空気清浄機はなるべく床に置いたほうが良いでしょう。

あと、花粉症についてですが、目だけの症状でしたら外出時には”メガネ”をかけて帰宅後は洗眼して花粉症用の目薬が一番でしょう。


Q.60 続き

花粉症対策に、外出の時、めがねをかけるのが良いとは知りませんでした。もっともこの目のかゆみが花粉症のせいだということも気がつかずに、ずっとハウスダストのせいだとばかり思いこんでいたんですけれど・・・空気清浄機を下へ置いた方が効果的なのだと言うことも正に目から鱗が落ちた気持ちです。本当に有り難うございました。

ところで、Woodyさんもハウスダストに悩まされていたと・・・しかし、今はもう良くなられたとあったのですけれども、どのように改善策をとられたのでしょうか、花粉ばかりかハウスダストにも悩まされているわたくしに、よろしかったら秘けつをどうかお教え願えないでしょうか。

塩水で鼻を洗うなどと言うのは、ちよっと無理かもしれませんが、簡単に実行できるのであれば是非試してみたいと思いますのでお願いいたします。

A. 続き

花粉症対策は、ほんのちょっとした気遣いで大部変わってきますよ!私のハウスダストの改善策は、薬による体質改善です。その他は、先にも書いた養生法を守ったんです。体質改善には時間とお金がかかります。もし、興味があるようでしたらご連絡ください。

Q.59

この季節なので「花粉症」のカキコの嵐かと思って覗いて見たらあまり花粉症関係がないようですので、改めてお聞きしたいです。

私は年々ひどくなるようで今年はすでに鼻ミズが止まらず、目がかゆくてのどが風邪の初期症状のようにイガイガしてます。お薬はあまりに辛い時にだけ「セレスタミン」を飲みます。そうすると多少は楽になるのですが、その代わりにものすごく強烈な眠気に襲われて食事の支度など、家事もできなくなります。(それを理由に店やもんとったりして…)

まぁ、普段の睡眠不足もいけないんでしょうけれど、私の場合は眠くなるお薬はダメなんです〜。そこで、漢方薬などで眠くならずに花粉症に効くお薬があったら是非是非教えて下さい。

あと、2ヶ月は続くかと思うともう、憂鬱で憂鬱で…。そういえば主人も重症患者でふたりでティッシュ抱えておりますです。(悲)

A

花粉症ですか・・・。 私も、10年間ほどひどい花粉症+ハウスダストのアレルギーで1年中苦しみました。しかし、体質改善をしたので、今は大丈夫です。

中坊さんの所でも書きましたが、”セレスタミン”には抗ヒスタミン剤が入っていますので眠気がきます。これはどうしようもないです・・・。

のどがイガイガするのは、花粉を吸い込んでいるために、のどに炎症が起きているためでしょう。 うがいをするのが一番です。他にはのどにシュッとする、フィニッシュコーワなんかもいいです。

目のかゆみには、やはり花粉用の目薬が一番でしょう。眠くならないお薬となるとやはり漢方薬です。とにかく鼻水がひどいようであればファーストチョイスは”小青龍湯(しょうせいりゅうとう)”です。 一度ためしてみてください。

花粉症の苦しみは私も分かります。外出するときは、メガネにマスク・・・、重装備で出かけましょう。しばらくは花粉が飛びやすい時期ですので、気をつけてください。


Q.59 続き

さっそく「小青龍湯」試してみたいと思います。今日幼稚園の役員会だったのですが、マスクをしているお母さんが半数ぐらいいて、ものすごく不気味でした。(笑)でも、そんなこと言ってられないんですよね〜。日常の注意事項も参考にさせて頂きますね。ところでWoodyさんはどうやって体質改善したのですか?

A 続き

幼稚園の役員会ですか〜。忙しそうですね。マスクをした人が半数・・・。確かに不気味だ〜。ははは・・・。笑い事ではないですね・・・。

私は、神奈川にいるときに花粉症になってそれからひどかったのですが、うちで売っている ”レバンコンク””バイランCa””ササへルス”の3点をまどかと結婚して一緒に住み始めてから飲んで(7月から)その翌年の花粉の時期には全く大丈夫でした。それ以来全然平気になったんです。まどかも”猫アレルギー”治ったし・・・。宣伝みたいで嫌なんだけどこうして私は治りました。

Q.57

うららかな気候のいい季節なのに 毎年 憂鬱になってしまうんですね〜この季節...そうなんです! わたし,強度の杉花粉症なんですねー あぅう大概の薬がほとんど効き目なく,唯一 CELESTAMINE”という薬だけが救いなのですが、それだけに逆に大きな不安がありまして,この際 お伺いしたいのです。

若い医者も,「効きますよ〜」と宣うくせに 聞いても,詳しいことを言ってくれないのです。何故なのでしょう?....不安です。副作用やら,どういった薬であるのか・・・どんな情報でも結構です。お教え下さい。 m(_ _)m

A

花粉症ですか〜、辛いですよね。私もかつて、花粉症(杉)&ハウスダストで、一年中鼻水ジュルジュル状態で苦しんでましたが、今は大丈夫になりました。

ご質問の”セレスタミン”ですが、中身の成分は”ベタメタゾン(副腎皮質ホルモン)”と”d-マレイン酸クロルフェニラミン(抗ヒスタミン剤)”の複合剤で、花粉症にも用いられます。副作用として考えられるものは、細かくあげていったらキリがありません。

副腎皮質ホルモン(俗に言うステロイド剤)は、長期連用で、細菌による感染症を誘発したり、胃・十二指腸潰瘍、糖尿病、副腎機能の低下、神経障害などをひきおこすことがあります。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、長期連用でなくてもおこることがありますが・・・。又、抗ヒスタミン剤でよく起こる副作用は、眠気、のどの渇きなどです。しかし、これら副作用は、必ず起こるものではないですし花粉の時期の1〜2ヶ月間ぐらいですのでまず心配はいりません。それに、その時期だけでもお医者さんにかかって診察を受けているはずですから、医師の管理下で適切な服用をしていれば大丈夫だと思います。

しかし、絶対におきないというものではありません。もし普段と違うような感じがあったりしたらかかりつけのお医者さんにはっきり言ってください。あと、花粉症の症状を少しでも軽くしたい場合は次のことを守ってください。守ったからといってその日から軽くはなりませんが・・・。

  1. 冷たいものを摂らない。(飲み物、食べ物)もちろんお酒、たばこはダメ。(吸わないかたでしたらすみません。
  2. 体を冷やさない。
  3. 水分を必要以上に摂取しない。
  4. 香辛料のたぐいは控える。
  5. 外出時には、マスク・メガネをする。服装はセーターの様な目の粗い生地の服は避け、なるべく目の細かい生地の服装にする。
  6. 布団は干さない。特に風の強い日。などです。

細かいことかもしれませんが、意外とばかにできませんのでためしてみてください。