精神安定剤・睡眠薬についての質問

HOME

 

Q.75-2

とても体がだるいんです。不眠症で薬を飲んでいますが、このだるさはそれだけではないように思えるのです。その場しのぎの対処法でなく、根本をしっかりさせたいのです。私に合う漢方がありますか?

A

体のだるい症状があるということですが、不眠症で飲んでいる「ハルシオン」の副作用で倦怠感というのがあります。しかも、朝起きられないということですが、血圧は低いほうではありませんか?

季節的に、4月5月は体調を崩しやすい時期です。というのも、人間の体は、交感神経と副交感神経というのがあり、人間の体の「アクセル」と「ブレーキ」役を努めています。冬場は「副交感神経(ブレーキ)」の方が優位に働き、夏場は「交感神経(アクセル)」の方が優位に働きます。

通常はこの切り替えがうまくいくのですが、中には、この切り替えがうまくいかない人がいます。その結果、虚脱感(5月病)、倦怠感、疲労感が出るのです。他にも、気候によっても体が順応しない場合にも起こります。また、疲労感のほとんどは肝機能の低下が考えられます。別に血液検査でGOTやGPTが悪いというわけではないのですが、要は、肝臓を酷使しすぎて疲れている状態のことです。肝臓がつかれてくると目が疲れたりすることがあります。また、薬を常用していると肝臓を酷使することになります。

漢方でということですが、症状によっていろいろ考えられますが、ファーストチョイスは「小柴胡湯」です。これは「肝」を強くしてくれる働きがありますのでよいと思います。もし、低血圧の気があるようでしたら、当店でも扱っている「レバンコンク」がお 奨めです。これも肝機能を高め、造血作用もありますのでこういった場合には好都合です。

Q.69

はじめまして!とつぜんですが、安定剤が欲しいのですが、田舎なので近くに精神科の医者がありません。なにか、軽い薬でも良いので手に入れる方法は無いですか。このままでは、アル中になっちゃう・・・・・。

A 

安定剤というのは、基本的にはお医者さんにかかって処方してもらわなけてばなりません。精神科でなくても、内科でも大丈夫ではないかと思います。薬局にも”アタラックスP”という抗アレルギー性精神安定剤があります。ですが、眠れないようであれば一度お医者さんに診察してもらったほうが良いのではないでしょうか?

Q.27 

私は夜、眠れなくて医者から「レンドルミン」というお薬を頂いて毎日飲んでおりますが、副作用とか年齢を重ねるにつれて、何か障害が起きるとかはないでしょうか?

A 

”レンドルミン”ですか。レンドルミンは、ベンゾジアゼピン系催眠剤です。↓下の書き込みにもある”ユーロジン”と同じ系統の薬剤です。

レンドルミンは、短期作用型といい、睡眠への導入に用いる、比較的作用時間の短いものです。起ることのある副作用は、眠気、ふらつき、頭重感、めまい、頭痛、協調運動失調、いらいら感、不快感、舌のもつれ、耳鳴り、かすみ目、健忘など/胃腸症状(食欲不振、口渇、悪心・嘔吐、下痢、腹痛など)/血圧低下、動悸、胸部圧迫感、倦怠感、脱力感などです。

いっぱい書きましたが、全部が起るわけではありませんし、服用していても全く起らない場合もあります。毎日飲んでいると言ってもちゃんとお医者さんの管理の下服用していればあまり神経質にならなくていいです。

年齢を重ねると、どうしても薬の代謝機能が落ちますので、お薬が効きやすくなったり、飲み続けることにより効き目が悪くなったりすることもあると思います。要は、お医者さんにしっかり通っていて診察を受けていれば、何か不調があった場合でも事前にわかり、大事に至らなくて済みます。又飲み方も守っていれば問題ないでしょう。

しかし、きっちり守って飲んでいれば副作用は全く出ないというわけでもありませんし・・・。副作用が起きるとも言えませんし、起きないとも言えません。もし起るなら上にかいた様なことが起きるかもしれません。まれに、味覚障害などが起るとも言われています。 (by Woody)