熱があるときのホームケア

HOME

 

微熱の時は、水分を与え様子をみる

  • 赤ちゃんは水分不足や疲れなどでも熱を出すものです。
  • 平熱とのかねあいもありますが、37.5度くらいまで、もしくは「微熱」と判断できる程度であれば、水分を十分に与えて様子を見ても大丈夫。
  • このとき、部屋が暑くないか、着せすぎてないかをチェックすること。


発熱時も水分は十分に

  • 熱があると、汗をかくし、それだけ水分も奪われます。
  • ほしがるだけ飲ませてあげて下さい。
  • 与えるのは母乳やミルク、白湯、麦茶、果汁などでOK。
  • 赤ちゃん用イオン飲料は下痢や嘔吐で失われた電解質を補い体液バランスを整えるはたらきがあるので、熱だけであれば特に飲ませる必要はありません。


熱やほかの症状など、状態の変化をメモしておく

  • 朝昼晩と1日3回、熱を計って折れ線グラフに記入します。
  • 熱の経過は、お医者さんの病気の診断などに役立ちます。
  • 下痢や嘔吐などほかの症状や気になることなどもメモして受診の際に持参しましょう。


汗をかいたら着替えはこまめに

  • 衣類が汗で湿っていては赤ちゃんも不快。
  • 基本は綿100%の肌着+パジャマですが、暑そうなら肌着1枚でも大丈夫。
  • 汗を拭いたら乾いたタオルか蒸しタオルで拭いてあげましょう。
  • 背中にタオルかガーゼを1枚入れ、汗をかいたときに抜き取るのも1つのアイディア。


体力を消耗しない温度に設定

  • 病気のときはそれでなくても体力を消耗するもの。
  • 汗をかくほどの高温は体力を消耗する1つの原因。
  • あたためて汗をかかせて熱をさげるというのはまちがい。
  • 季節を通しても、室温はだいたい20度くらいに保ちましょう。


気持ちよさそうなら少し冷やしてあげる

  • いやがらないようなら、乳児用氷枕、冷たいタオル、冷却ジェルシートなどで冷やしてあげても大丈夫。
  • このとき、肩まで冷やさないように注意すること。
  • ただし、熱射病や日射病などと違い、病気の熱は頭を冷やしてもさがりません。


下痢や吐き気がなければ食欲に応じたメニューで

  • 胃腸症状がなければ、食事が食欲に応じたものでOK。
  • さっぱりした食べやすいものがいいでしょう。おかゆやおじやなどもおすすめ。
  • いつもよりは量を減らし、様子を見ながら少しずつ食べさせましょう。


微熱程度ならシャワーはOK

  • 高熱があるときはおふろは控えます。
  • おむつかぶれの防止に座浴だけしてあげます。
  • 元気がよくて機嫌もいい、しかも微熱程度であれば、シャワーはOK。
  • ぬるめのお湯でサッと済ませましょう。


外出は控えます

  • 微熱程度であれば、通常の軽いお散歩はOK。
  • ただし人が多い場所などは、ウィルス感染の危険性もないわけではないので、避けたほうが無難。
  • 38度以上の場合は外出は避けましょう。


室内では遊んでいても平気

  • 熱があっても、本人が動き回りたいのなら無理に抑える必要はなし。
  • 室内で静かに遊ばせておきましょう。
参考文献:わたしの赤ちゃん、別冊病気大百科より