吐いたり、下痢をする病気

HOME

 

病気による嘔吐や下痢で一番心配なのは脱水症です。
水分を少しずつ補給し、飲めない場合はすぐ病院へ。

吐いたときの観察のポイント

  1. いつごろから吐きはじめた?
  2. 吐いた内容は?回数は?(食べたものか、黄色い胃液か、コーヒーかすのようか、緑色を帯びてないか、など)
  3. 吐き方はどんな感じ?(だらだら吐くか、勢いよく吐くかなど)
  4. 熱や下痢などほかの症状は?
  5. 吐いた後の元気は?

吐いたときのすぐ病院へ!の症状

  • 間隔をおいて嘔吐を繰り返す 注)泣いたり、腹痛がある場合は腸重積の心配があります。
  • 頭を打ったあと全身状態が悪く、嘔吐もある
  • 同時に下痢があり、吐くために水分を受け付けない


下痢をしたときの観察ポイント

  1. 便のかたさ、においは?(粘液やツブがまじっていても変色がなければまず安心。また、すっぱいにおいや腐敗臭はないか)
  2. 回数は?
  3. 熱やせき、嘔吐など下痢以外の症状は?

下痢をしたときのすぐ病院へ!の症状

  • 下痢とともに、血便、黒色便、白色便が出た
  • 1日何回も水っぽい便がでて、おむつからはみ出す場合は要注意。とりあえず水分補給をして早めに小児科へ
  • 全身状態が悪い
  • おしっこの量が減る、口の中やくちびるが乾いている、顔色が悪く元気がない、皮膚に張りがないなどは脱水症のサイン。早めに受診を


こんな症状があるときは・・・

アレルギー体質のために下痢をしやすい赤ちゃんもいます。また生まれて間もなくの赤ちゃんがお乳をダラダラ吐くのは溢乳(いつにゅう)といって、たいてい心配ありません。でも、気になるときは受診しましょう。

  • 授乳の後、噴水のようにお乳を吐く→幽門狭窄症(生後2〜3週間のうちに始まることがほとんど。吐き方がだんだんはげしくなるのも特徴です。
  • 繰り返し吐く→急性胃腸炎(風邪などで吐く場合もあります)
  • 間隔をあけて繰り返し吐く→腸重積
  • 嘔吐と同時に下痢も始まった→急性胃腸炎(風邪などでも嘔吐と下痢が起ることがあります)
  • 血便、白色便がでた→急性胃腸炎
  • 特定の食品で下痢や嘔吐がでる→食物アレルギー

あくまでも目安ですので自己判断せず、小児科医を受診しましょう。

参考文献:わたしの赤ちゃん、別冊病気大百科より