1月 31 2012

全国で推計111万人 休校・学級閉鎖は3千超 インフル患者、3倍に急増

共同通信社 1月30日(月) 配信
 厚生労働省は27日、16~22日の1週間に医療機関を受診したインフルエンザ患者が全国で推計約111万人になり、休校や学年・学級閉鎖をした保育所や幼稚園、小中高校などは前年同期の1・26倍となる計3294校に上ったと発表した。

 国立感染症研究所の集計によると、この1週間に全国約5千の定点医療機関から報告された患者数は1機関当たり22・73人で、前週(7・33人)の約3倍に急増した。これらの報告を基に全体の患者数を推計した。

 年代別では5~9歳が約31万人(約28%)と最多だが、60歳以上が約9万人(約8%)で、前年同期の約4%と比べて高かった。

 都道府県別で報告数が最も多いのは福井で1機関当たり59・88人。次いで高知(59・31人)、三重(52・17人)、岐阜(49・79人)、愛知(49・03人)の順。全都道府県で前週より増えた。

 感染研は、各地の保健所単位の流行の目安として、1機関当たりの患者数が30人以上になるか、その後に減っても10人以上が続く場合を、大流行を意味する「警報」レベルと設定している。警報レベルの保健所地域が一つ以上ある都道府県は今回、33府県に上った。

 4週間以内に大流行発生の可能性があることを示す患者数10人以上の「注意報」レベルにある地域は、全国553のうち半数近くの262となった。

1月 26 2012

インフルエンザ:県が今季初の注意報発令 /山形

毎日新聞 1月25日(水)11時38分配信
 県は24日、今季初のインフルエンザ注意報を発令した。16日から1週間のインフルエンザ患者数が1医療機関平均で25・06人に達し、国立感染症研究所が定める注意報基準の10人を超えたため。前週(9~15日)の5・38人から約4・6倍に急増している。
 県保健薬務課によると、県内48カ所のインフルエンザ定点医療機関から1178人の患者が報告された。地域別では1医療機関平均で置賜が38・20人(382人)と最も多く、警報レベルの30人を超えた。庄内22・85人(297人)▽村山21・58人(410人)▽最上17・80人(89人)だった。
 県衛生研究所のウイルス検査ではA香港型が大半を占める。集団発生で24日までに計65の小、中、高校、幼稚園、保育所が学級・学年閉鎖に、計9の小、中学校、幼稚園、保育所が休校・休園の措置をとった。

1月 26 2012

インフルエンザ流行本格化 5年ぶりA香港型主流 お年寄り、乳幼児注意

共同通信社 1月25日(水) 配信
 インフルエンザの流行が全国で本格化している。24日までの国立感染症研究所の分析によると、今季検出されたインフルエンザウイルスの約9割がA香港型。典型的とされるA香港型が主流の流行は5年ぶり。乳幼児に脳症の恐れがあるほか、お年寄りが重症化しやすいとされる。例年より70代以上の患者が多いとの指摘もあり、お年寄りは特に注意が必要だ。

 感染研の15日までの1週間の集計では、全国約5千の定点医療機関から報告された患者数は1機関当たり7・33人。前の週の3・76人からほぼ倍増し、すべての都道府県で増加していた。全国約6700の薬局から毎日寄せられるインフルエンザ治療薬の処方状況を基にした推計から、その後も患者数は増え続けているとみられるという。

 地域別では中部、中国、四国で、1機関当たりの患者数が急増しているところが多い。

 また定点医療機関の報告から推計した昨年9月上旬からの全国の患者数を年代別に見ると、70歳以上の占める割合が、例年の2%程度と比べて約6%と高めだという。

 インフルエンザはせきやくしゃみで飛ぶしぶきを吸い込んだり、接触したりしてうつる。感染研の安井良則(やすい・よしのり)主任研究官は「感染拡大防止には、マスクをして、人に向かってせきをしない『せきエチケット』と、手洗いが有効だ」と話している。

※インフルエンザの流行

 インフルエンザの病原体であるインフルエンザウイルスはA、B、Cの三つの型があり、毎年冬に繰り返し流行する季節性インフルエンザはA型とB型による。A型はさらにA香港型や、2009年に新型として流行し、現在は季節性として扱うA09年型などに分かれる。毎年複数のタイプが混合して流行し、占める割合も異なるが、おおむね12月に流行入りし、1月下旬から2月の間にピークを迎え、3月いっぱいで終息する。定点調査の患者報告数が全国平均で1人を超えると流行入りと判断され、ピーク時には30~40人に上ることが多い。

1月 22 2012

雪かき完了!!

年末年始と結構降り続いた雪も、ここ2週間ほど大して降らなかった。

しかし、昨晩「湿った雪」が朝方まで降り10cmほど積もったか。
(山形県内でも雪が非常に少ないところなのでこのぐらいですんでいる)
今日は休みなので、昼頃から片付け始めたが、雪の重いこと・・・。
日中少し晴れたこともあり、溶けていて重くなっている。
それでも1時間ほどかけて行き片付け完了。
「ヤマボウシ」にもちょろっと雪が。

腰が痛い・・・。 ヘルニア持ちにはつらい・・・。

雪って、どんなところにも積もるんですね。

道路に刺さっていた、2cm角の木の棒の上にも・・・。

1月 22 2012

食べ物ネタをちょっと・・・。

最近バタバタしていて、なかなかBlogも更新サボり気味でしたが食べ物ネタをアップします。

まずは、会社の近くにあるそば屋さん「一ばん分店」の「納豆蕎麦」

冬季限定の蕎麦だ。 これで普通盛り。
寒い冬にはもってこい。 具もたくさん入っていてなかなかのお味。
唯一欠点があるとすれば、残っている具を食べようとしてつゆまでほとんど飲んでしまうということ。
1時間ぐらいするとのどが渇く。 それでも腹一杯食べられるのでOK。
場所は山形県庁裏。ヤマザワあさひ町店そば。

38.244904,140.363914

続いて、先日会議で仙台にいったときの食べた牛タン。
仙台の牛タン屋さんも数ありますが、名の通った名店「利久」の牛タン1.5人前定食。

麦ご飯にテールスープ、牛タンの付け合わせの「南蛮」がポイント。
追加で「とろろ」もつけることが出来ます。
牛タンも柔らかくうまい。(芯タンのほうがもっと柔らかいが、個人的にこっちの方が好き)
お値段もそれなり、1750円。

38.244904,140.363914

今回は、仙台駅東口の「東口本店」で、歩いて10歩ほどのところに「東口分店」もあります。
チェーン店ですのでいろいろな場所にあります。

Alibi3col theme by Themocracy