2月 23 2010

インフル注意報、全国で「解除」

2010年2月20日 提供:読売新聞
 国立感染症研究所は19日、全国約5000医療機関を対象にしたインフルエンザの定点調査で、最新の1週間(8-14日)の新規患者数が1医療機関当たり2.81人となり、都道府県別でも全自治体で注意報レベルを示す10人を下回ったと発表した。

 ほとんどが新型インフルエンザとみられ、昨年7月下旬に沖縄県で注意報レベルを超えて以来、全都道府県で10人未満となったのは約7か月ぶり。

 都道府県別で最も多かったのは福井で7.97人。次いで沖縄5.66人、埼玉5.39人など。佐賀を除く46都道府県で前週を下回った。

2月 08 2010

B型、AB型女性は貧血になりにくい 「A」「O」より21%少なく 東大と理研

2010年2月8日 提供:毎日新聞社
貧血:B型、AB型女性はなりにくい 「A」「O」より21%少なく–東大と理研

 ◇患者21%少なく

 B型とAB型の女性はA型とO型の女性に比べて貧血になりにくい–。東京大と理化学研究所のチームが実施した約1万5000人の遺伝子解析で、こんな体質の違いが明らかになった。肝機能の状態を示すγGTPや痛風につながる尿酸など、健康診断でおなじみの検査値を左右する体質の違いにかかわる46の遺伝子型も特定。成果は8日、科学誌ネイチャー・ジェネティクス(電子版)に掲載された。

 生活習慣病へのかかりやすさや薬の効き目には個人差がある。30億塩基対からなるヒトのDNAには、関連遺伝子の塩基配列の一部が入れ替わったスニップ(SNP)と呼ばれる場所が1000万カ所あるとされ、個人差を生んでいる。

 理研ゲノム医科学研究センターの鎌谷直之・副センター長らは高性能計算機を使い、10種類の病気の患者1万4700人の遺伝子データを調べて解析したところ、46のSNPがγGTPや尿酸のほか、赤血球、白血球、血小板など代表的な血液検査項目の値に影響することを新たに突き止めた。

 このうち、赤血球のデータと血液型の関係を見てみると、B型とAB型の女性はA型とO型の女性に比べて貧血の患者数が21%少なかった。B型かAB型になる遺伝子上にSNPがある人は血色素量(Hb、ヘモグロビン)が増え、貧血を減らすと考えられた。

 チームの松田浩一・東京大医科学研究所准教授は「健康診断では各項目に標準値があるが、本来は遺伝的な個性を考慮して個々人の標準値を決めるべきで、それが今回裏付けられた」と話す。

Alibi3col theme by Themocracy