9月 25 2009

電話でタミフル処方OK 厚労省、現場に周知徹底へ

2009年9月24日 提供:共同通信社
 新型インフルエンザ感染者の急増による医療機関の混乱を防ごうと、厚生労働省は「再診に限り、電話による診察のみで抗ウイルス薬の処方を認める」との新対策を、先月まで2度にわたって都道府県に伝えた。しかし、現場に行き届いていないことが20日までの同省の調査で判明、あらためて周知徹底を図る。

 対象となる患者は、慢性疾患があり定期的にかかりつけ医の診断を受けている人と、過去に発熱などの症状があり、同じ医師の診察を受けたことがある人。いずれも医師が薬の投与に問題がないと判断することが条件。

 処方せんは患者が希望する薬局に医師からファクスなどで送られる。患者には外出自粛を求め、家族らがタミフルなどの薬を受け取る。患者本人は医療機関に足を運ぶ必要がなくなる。

 医師法20条は、医師が薬剤を処方する際、原則として患者に直接会って診察しなければならないと定めているが、厚労省は「過去に直接診察を受けた患者に限っての措置なので、この規定には該当しない」と判断。5月と8月にそれぞれ、この方式を認める通知を都道府県に出した。

 しかし同省が今月になって取りまとめた調査では、自治体側から医療機関に周知されているのは27道府県にとどまっていることが判明。同省は「医療現場からの問い合わせも多く、きちんと情報が伝わっていない」として、現在再改定を検討中の「国内対応の運用指針」に通知内容を盛り込むなどして徹底を図る。

 7月に感染が急拡大した英イングランドでは、感染が疑われる人が医師の診察を受けずに電話やインターネットによる自己申告を通じて抗ウイルス剤を入手できるシステムを導入。その後、感染のペースが落ちたという。

 運用指針の再改定をめぐっては、医療機関の負担軽減に向け、集団発生の把握中止を明記することや、ワクチン接種の優先順位を盛り込むかどうかについても調整している。

9月 21 2009

今年もキンモクセイの花が咲きました

今年も「キンモクセイ」の花が咲きました。
CIMG1381
毎年のことですが、無事に咲くと安心します。
CIMG1385
今日は、午後から車を洗って、隣に植えてあるヤマボウシの手入れして、雑草を抜いて、3時間・・・。
まったりとした1日でした。

9月 19 2009

「感染疑い」でも治療薬投与を…厚労省通知

9月18日20時10分配信 読売新聞
 新型インフルエンザに感染して死亡した横浜市の小学6年の男子児童(12)がタミフルなどの治療薬を投与されていなかったことを受け、厚生労働省は18日、感染の疑いがある患者については、感染が確定していなくても医師の判断でタミフル等の治療薬を投与できることを改めて周知する通知を都道府県などに出した。

 横浜市などによると、男児は2日午前、高熱を出して医療機関を受診、簡易検査を受けたが陰性だったためタミフルなどの投与を受けず、翌日になって容体が悪化して入院した。

 一方、国立感染症研究所は同日、全国約5000医療機関を対象にした定点調査で、最新の1週間(9月7日~13日)の新規患者数は1万5382人で、1医療機関あたりの新規患者数は3・21人だったと公表した。前週(8月31日~9月6日)の2・62人からは0・59人増。全国の新規患者数は推計約18万人で、前週の約15万人からは3万人増えた。大半は新型インフルエンザの患者数と見られる。

9月 15 2009

タミフル5日分と効果同等 インフル薬ペラミビル

2009年9月14日 提供:共同通信社
 【ワシントン共同】開発中のインフルエンザ治療薬「ペラミビル」が、1回の投与で、タミフルを5日間服用したのと同等の効果があることが13日、米サンフランシスコで開かれた米国微生物学会で報告された。AP通信が報じた。

 ペラミビルは、米国の製薬会社バイオクリスト社が開発し、2010年秋にも塩野義製薬が日本国内での販売を計画している新しい抗インフルエンザ薬。

 長崎大の河野茂(こうの・しげる)教授(先進感染制御学)によると、08年にアジアで季節性インフルエンザの患者約1100人にタミフルかペラミビルを投与して効果を比較した結果、ペラミビルの注射1回で、タミフルを1日2回、5日間服用した場合とほぼ同じ時間で症状が回復した。

 ペラミビルは、現在インフルエンザ治療薬として使われているタミフルやリレンザと同じ「ノイラミニダーゼ阻害薬」と呼ばれるタイプの薬で、新型インフルエンザにも効果があるとみられている。内服薬のタミフル、吸入薬のリレンザに対し、注射薬である点が特徴で、薬を飲めない重症者や感染から時間が経過した患者に効果が期待されている。

9月 13 2009

定禅寺ジャズフェスティバル

今日は、かみさんと一緒に定禅寺ジャズフェスティバルに行ってきました。

今回は、知り合いが演奏するということもあり行ってきました。

まずは、まだ私が仙台にいた頃、ネットで知り合いになった方(マイミクの「青」さん)で、私の単身赴任や転勤等で疎遠になっていましたが、つい先日ひょんなことからミクシィで再会した方です。
CIMG1364_2
隠れて見えませんが、ドラムを演奏している方です。
10年ぶりにあった感想「年取ったかな?・・・。」 お互い様なんでしょうけど・・・。
私もお遊びでドラムやっていますが、さすがすごい。
スティックさばきに見とれてしまいました。
今、スティックコントロールのアクセントでつまずいてしまっているので今度こつを教えてもらおう!!

続きまして、レイコさん
CIMG1372
後ろ向きでピアノを弾いている方です。

知り合うきっかけは、PMS(ヤマハのミュージックスクール)の発表会で、バンドのメンバーとフィルコリンズの「EASY LOVER」を演奏したときにキーボードを弾いていただいたのがきっかけ。

今年で2回目の出場ですが、前回(昨年)の演奏と比べて飛躍的にうまくなっている。
前回はちょっと緊張しているかな?って感じでしたが、今回は微塵も感じられない見事な演奏。

やっぱり、練習と場数を踏むことがレベルアップには必要だなと痛感した1日でした。

今週末にバンドの練習があるので、今から練習します。
今度は、JourneyのSeparate Waysです。
頑張ります。

Alibi3col theme by Themocracy