6月 30 2009

タミフル耐性を初確認 北欧の新型インフル患者で 拡大すれば対策に影響

2009年6月30日 提供:共同通信社
 【ジュネーブ29日共同】世界保健機関(WHO)は29日、デンマークの新型インフルエンザ感染者の中から、抗ウイルス剤タミフルに耐性を持つ初のウイルス検体が確認されたことを明らかにした。

 タミフル投与はワクチンが完成していない現在、新型インフルエンザの治療で最も有効な手段だが、タミフルが効かないウイルスの感染が拡大すれば、対策の練り直しを迫られる恐れもある。

 WHO当局者によると、耐性ウイルスはデンマークの軽症患者1人から確認された。患者は既に回復して元気になっている。ウイルスは同じH1N1型が突然変異したものだが、今のところ耐性ウイルスが拡大する兆しはみられないという。

 WHOは加盟国間を結ぶ情報網を通じて耐性ウイルスの確認を伝達。拡大しないかどうかを注視する方針。

 新型インフルエンザへの効果が確認されている抗ウイルス剤にはタミフルのほかにリレンザがあるが、流通量はタミフルの方が圧倒的に多い。耐性ウイルスが広がれば、リレンザの増産が必要になる可能性がある。

▽ウイルスの薬剤耐性

 ウイルスの薬剤耐性 生体内でタミフルなどの抗ウイルス剤に長くさらされると、通常のウイルスは増殖できない一方で、わずかな遺伝子変異によってこの抗ウイルス剤が効かなくなったウイルスだけが生き残って多くを占めるようになる。こうした耐性ウイルスに感染すると治療が難しくなるため、医療関係者が発生を警戒している。

6月 28 2009

東南アジアで猛威 急拡大を警戒:新型インフルエンザ

2009年6月26日 提供:毎日新聞社
新型インフルエンザ:東南アジアで猛威 急拡大を警戒

 新型インフルエンザの猛威が東南アジアの発展途上国に広がりつつある。貧困からくる栄養不足や医療体制の不備で今後、急激な勢いで感染者数が増加する可能性があり、世界保健機関(WHO)や各国は警戒を強めている。【マニラ矢野純一、バンコク西尾英之、ジャカルタ井田純】

◇比では初の死者

 東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟10カ国のうち、これまでにミャンマーを除く9カ国で感染が確認された。東南アジアの感染者は25日現在2168人(毎日新聞まとめ)で、10日前のWHO発表(15日現在183人)より約12倍に急増。このうちフィリピンは15日に東南アジアで初の地域レベルでの感染拡大を確認、19日には初の死者が出るなど事態が深刻化している。

 ◇相次ぐ集団感染

 感染拡大はマニラ首都圏の北方約110キロのヌエバエシハ州ハエン町のヒレラ地区で起きた。住人1622人の15%にあたる247人が新型インフルエンザの症状を訴えた。ほぼ全員が感染者とみられる。最初に気づいたのは地区の小学校のカストロ校長(42)。今月3日、6年生29人中、22人が突然、風邪の症状で欠席した。不審に思い、町長に直接連絡。その日のうちに、保健師らが各家庭を訪問し、親や兄弟にも感染が広がっていることが確認された。

 町ではヒレラ地区の全家庭にタミフルなどを配布。地区外に感染者が出歩かないように、地区内に臨時の診療所を設けた。23日以降は症状を訴える住人はいないが、隣接地区で感染者が出ている。

 フィリピン保健省は「マニラ首都圏でも低いレベルでの集団感染が起きている」と指摘する。感染者の急増で、国内各地から送られてきた検体が検査機関に集中、オーバーフローの状態になっているという。医療機関の設備が整っておらず、他の入院患者への感染を恐れて受診を拒否する病院も出ている。

 ◇同時流行懸念も

 東南アジアで感染者数が最多のタイでは、1日数十人から100人のペースで患者が増え、計1000人を突破。外国人観光客が立ち寄るナイトクラブを中心とした集団感染が起きるなど、観光都市特有の感染拡大も起きている。

 インドネシアでは24日に最初の感染者2人が確認された。国のインフルエンザ対策専門家委員会のカデ・マハルディカ副委員長は「近隣国でこれほど拡大している以上、もっと多くの感染者がいると考えるのが自然」と警告する。同国では強毒性の鳥インフルエンザで世界最多の115人が死亡しており、新型インフルエンザとの“同時流行”に懸念も出ている。

 ◇「監視、対策準備が重要」–WHO西太平洋地域事務局、葛西健・感染症対策官

 発展途上国での新型インフルエンザの現状や対策について、WHO西太平洋地域事務局の葛西健・感染症対策官に聞いた。【マニラ矢野純一】

 —-途上国で感染拡大が危惧(きぐ)されている。

 貧困層は病院へ行けなかったり、重症化してから病院にかかるケースが多い。また、限られた地区の狭い家に、乳幼児からお年寄りまで多くの人が住んでおり、感染にさらされる機会が多い。死亡率も高くなると予想される。先進国では死に至らなくても、途上国では犠牲者が増える可能性があり、そこを防がなければいけない。

 —-東南アジアの現状は。

 感染を封じ込める段階ではなく、拡大のスピードを抑え、社会的混乱をいかに最小限にするかという段階だ。今後、ベトナム、ラオス、カンボジアなどに広がると思われる。

 —-具体的な対策は。

 急激な感染を抑え、感染者数のピークを低くして、なだらかなカーブを描くような状況にしたい。そのためには初期段階での監視や、事前に対応策を準備することが重要だ。設備や人員が限られている中、関係機関の意思疎通を緊密にして、情報を集め、早め早めに的確な指示を出す司令塔の役割も重要だ。

 —-今後の見通しは。

 過去の事例から、冬本番を迎える南半球での感染拡大に合わせて、再び東南アジアに第2波が来る可能性がある。遺伝子を調べる体制が脆弱(ぜいじゃく)なため、気づかないうちに途上国でウイルスが変異して強毒化する恐れもある。

    ◇

 WHOは世界を6地域(西太平洋、南東アジア、アフリカ、アメリカ、ヨーロッパ、東地中海)に分け、それぞれ地域事務局を置いている。西太平洋地域事務局はマニラを拠点に、東南アジア諸国や中国、日本、オーストラリアなど37の国と地域を所管する。

………………………………………………………………………………………………………

 ◇東南アジア各国の感染者数

タイ     1054

フィリピン   727

シンガポール  220

マレーシア    91

ベトナム     63

ブルネイ      7

ラオス       3

インドネシア    2

カンボジア     1

ミャンマー     0

計      2168

 毎日新聞まとめ(25日現在)

6月 28 2009

新型インフル、感染第3の山突入か

2009年6月25日 提供:読売新聞
 国内における新型インフルエンザ感染者は、世界保健機関(WHO)が4月27日に初めて警戒レベルを引き上げてから約2か月で1000人を超えた。

 感染は今も収まる兆しを見せておらず、政府の新型インフルエンザ対策本部専門家諮問委員会の尾身茂委員長は「今後も感染が急拡大する南半球からのウイルス流入は避けられず、夏場も今のような状況が続くだろう」と指摘している。

 発症日ごとの流行状況をまとめた厚生労働省の集計によると、国内の感染者は兵庫県と大阪府の高校で集団感染があった5月17日に67人とピークを迎えたが、休校措置の効果が出て下火になった。しかし6月上旬に福岡市の小中学校などで新たな感染が確認されると、同月10日に42人が発症し、2度目のピークを記録。その後も東京都内の高校などで感染が相次いだほか、海外からの帰国者の発症も増えている。同省が集計を週1回に切り替えた19日以降も感染者は1日40-50人ほど確認されており、流行は第3の「山」に入っている可能性がある。

 同省によると、感染者の約7割は10代以下の若い世代。これまで重症化の報告はない。同省の担当者は「海外渡航歴などもなく、感染源が全く分からない感染者が一定の割合で出てきているのは確か」と徐々に感染が広がっていることは認める一方、「感染者の7-8割はすでに完治し、患者が急増しているわけではない」と強調する。

 政府は当面、行動計画を現在の第2段階(国内発生早期)から第3段階(まんえん期など)に引き上げず、流行の第2波が予想される秋以降に向け、妊婦や持病がある人など重症化する恐れがある患者の治療を最優先する医療体制の整備などを急ぐ方針。

 WHOの発表(24日現在)によると、世界の累計感染者数は5万5000人を超え、最も多いのは米国の2万1449人。冬場に入る南半球でチリが4315人、オーストラリアが2857人などと急増中で、死者も世界全体で238人出ている。

6月 27 2009

中国で発見の新型インフル、変異は解析ミス

2009年6月26日 提供:読売新聞
 中国で発見された新型インフルエンザウイルスの増殖能力を高める変異は、遺伝子解析のミスだったことが25日わかった。

 解析した中国・復旦大のグループがデータを修正した。新型ウイルスの増殖にかかわる遺伝子のある部分で、遺伝情報が1文字分だけ変化すると、人間の体内で増殖力が高まることが懸念されている。上海市の女性患者から採取した新型ウイルスを、復旦大が解析したところ、この変異があったとされていた。

6月 26 2009

国内感染1000人超え 新型インフルエンザ

2009年6月25日 提供:毎日新聞社
新型インフルエンザ:国内感染1000人超え

 厚生労働省は25日、長崎、福島県などで新型インフルエンザの感染者が新たに確認されたと発表した。これで国内の感染者は、入国前の検疫で判明した11人と米軍厚木基地から連絡があった1人を含め、累計で1000人を超えた。世界保健機関(WHO)によると24日現在、感染者が1000人を超えているのは米国、カナダ、メキシコ、チリ、豪州、アルゼンチン、英国の7カ国。

 国内の感染は、関西地方での流行が5月下旬に下火になったが、その後徐々に拡大。1日50人前後のペースで感染者が増え、38都道府県で確認されている。大半は海外からの帰国者か学校での集団感染。学校で広がる例が目立ち、20歳未満が約7割を占める。重症化したとの報告はない。

 季節性インフルエンザと違って夏になっても減る兆しはないが、厚労省は「米国やカナダも増加傾向にあり、日本だけの現象ではない」と説明。多くは感染経路が追えていることから、厚労省は「不特定多数が感染するまん延状態ではない」として、パンデミック(大流行)には当たらないとの認識を示している。【奥山智己】

………………………………………………………………………………………………………

 ■新型インフルエンザの感染者数■

北海道    4

青森     0

岩手     4

宮城     2

秋田     1

山形     0

福島     2

茨城    10

栃木    18

群馬     1

埼玉    18

千葉    87

東京    91

神奈川   74

新潟    14

富山     0

石川     0

福井     0

山梨     2

長野     9

岐阜     4

静岡    28

愛知    52

三重     4

滋賀     4

京都    11

大阪   181

兵庫   220

奈良     4

和歌山    1

鳥取     2

島根     0

岡山     1

広島     5

山口     5

徳島     4

香川     2

愛媛     5

高知     0

福岡    99

佐賀     0

長崎     2

熊本     5

大分     6

宮崎    11

鹿児島    2

沖縄     0

検疫所   11

米軍     1

計   1007

 ※25日午後1時現在、届け出があった都道府県別

Alibi3col theme by Themocracy