6月 21 2007

若者のはしか報告が連続減 小児は横ばい、感染研発表

‘記事:共同通信社
提供:共同通信社

【2007年6月20日】

 首都圏を中心に10代、20代で流行が続く麻疹(ましん)=はしか=について、今月10日までの1週間に全国約450の定点医療機関から報告された15歳以上の患者数は50人となり、前週の65人から15人減ったことが、国立感染症研究所のまとめで19日分かった。減少は2週連続。

 しかし、全国約3000の小児科からの14歳以下の患者報告数は横ばいの状態が続いている。感染研は「引き続き注意を」と呼び掛けている。

 15歳以上の患者報告は計20都道県からあり、最も多いのは東京の17人。次いで神奈川5人、宮城4人、山形、新潟の各3人などだった。

 14歳以下の患者の報告は計204人。千葉の48人を筆頭に、埼玉25人、東京13人、神奈川28人と、全国の半数以上が首都圏に集中していた。

6月 19 2007

ビリーの減量DVD大人気 メタボ対策の通販商品

記事:共同通信社
提供:共同通信社

【2007年6月19日】

 「脂肪を燃やせ。おれについてこい」。軍隊式訓練を取り入れた減量方法を教えるDVD「ビリーズブートキャンプ」が通信販売業界で異例の大ヒットとなっている。月間販売1万個で成功といわれる業界で、国内で5月だけで20万セット以上を売った。美容やメタボリック症候群など健康を気にする人たちの間で話題に。運動経験のない人にはきつく、長続きしないとの意見もある。

 愛知県弥富市の大同工業大4年土屋国大(つちや・くにひろ)さん(21)は太り気味を気にして購入。1日おきに自宅の居間で足にくくりつけたゴムひもを引っ張ってジャブやキックをする。「約2週間で体重が約1キロ落ちた」と満足そう。

 販売元のオークローンマーケティング(名古屋市)によると、ビリーズブートキャンプは米国出身の格闘家ビリー・ブランクス氏(51)が米軍での指導経験をもとに開発。「7日間集中ダイエット」をうたい文句に、腹筋用などDVD4枚とゴムひもで約1万5000円。テンポのいい音楽に合わせ、ビリーさんが「あきらめるな」などと呼び掛ける。

 昨年7月に販売を始め、今年に入ってインターネットのブログでの書き込みが増えたことなどで、一気に注文が増加。同社は詳細な販売データを発表していないが、「生産が追いつかない状態」という。ビリーさんは人気に応え、20日に来日する予定だ。

 乗馬のようにゆられて筋肉を鍛える松下電器産業の「ジョーバフィット」など健康器具がはやっているが、「内容にユーモアがあり、器具だけを売るダイエット商品と違うことで特に人気を集めたのでは」(柿尾正之(かきお・まさゆき)日本通信販売協会理事)。

 ダイエットに詳しい四国学院大(香川県善通寺市)の漆原光徳(うるしばら・みつのり)副学長は「筋肉が動いており効果はあるが、激しい運動を経験した人でないと、体調を崩す場合もあるだろう」と話す。体のラインを保とうと始めた東京都武蔵野市の会社員の女性(30)は「筋肉痛で挫折した」と話している。

Alibi3col theme by Themocracy