Category: 新型インフルエンザ関連

4月 04 2013

鳥インフル強毒型か 感染しやすく、死者3人に 中国渡航者に注意喚起

共同通信社 4月4日(木) 配信
 中国国内で人への感染が確認された鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)は、遺伝子解析などの結果、人に重い症状をもたらす強毒型の可能性が高いと専門家が分析していることが3日、分かった。人に感染しやすいタイプに変異している可能性もあるという。関係筋が明らかにした。

 中国メディアによると、浙江省杭州市で2人が感染していたことが新たに判明し、うち1人は死亡。感染確認は計9人、うち死者は3人となった。

 世界保健機関(WHO)はH7N9型の人への感染は初と確認。今のところ「人から人への感染例は見つかっていない」としているが、感染拡大の恐れがあるため、中国の保健当局と協力し事態を注視していく方針だ。

 日本の厚生労働省は3日、全国の空港などにある検疫所で中国と日本を行き来する人に注意喚起を始めた。医療機関が感染を疑われる人を見つけた場合、保健所を通じ国に連絡するよう自治体などに要請した。

 ウイルスの遺伝子情報を分析した国立感染症研究所の田代真人(たしろ・まさと)インフルエンザウイルス研究センター長は「遺伝子に変異があり、人に感染しやすくなっている可能性がある」との見方を示した。

 中国の保健当局は、強毒化の程度などを調べるため、入院患者から検出したウイルスの検査をさらに進めているもようだ。感染源は特定されていない。

 厚労省は全国の検疫所の本所、支所、出張所の計110カ所にチラシやポスターを配布。帰国した人には、発熱やせきなどの症状がある場合は検疫所への相談や医療機関受診を呼び掛けた。

 国立感染症研究所は、既に公開されているウイルスの遺伝子情報を基に診断方法の開発に着手した。中国での予備的実験では、このウイルスに対して抗ウイルス薬のタミフルが有効である可能性が示されているという。

1月 11 2012

新型インフルエンザ流行時に外出制限 特措法制定へ

毎日新聞社 1月11日(水) 配信
新型インフルエンザ:流行時に外出制限 特措法制定へ

 政府は、感染力や毒性が強い新型インフルエンザが流行した場合、国民に外出の自粛や集会中止を要請できる特別措置法を制定する方針を固めた。新型インフルエンザへの対応を国家の危機管理と位置づけ、私権の制限に踏み込む。政府は通常国会に法案を提出し、成立を目指す。

 09~10年に流行した弱毒性の新型インフルエンザでは、大規模な催しを中止するかなどで自治体によって判断が分かれた。このため全国知事会は10年6月、政府に法整備を要請していた。

 集会の制限は感染拡大防止を目的とした一時的な措置のため、内閣官房新型インフルエンザ等対策室は、「(憲法で保障された)集会の自由の侵害にはあたらない」としている。

 同対策室によると、鳥インフルエンザ(H5N1)など毒性が強く多数の死者が出ると予想される新型インフルエンザ流行が確認された場合、政府の対策本部が「緊急事態」を宣言。不特定多数の人が集まる催しの中止や学校、保育所などの臨時休業を要請する。企業が医薬品や食料の売り渡しを正当な理由がないのに拒否した際は、物品の不足を防ぐため強制収用できる規定も設ける。

1月 13 2011

新型インフル患者が急増 20-40代、乳幼児は要注意 「今からでも予防接種を」

2011年1月13日 提供:共同通信社

 年明けから新型インフルエンザの患者が急増していることが国立感染症研究所の分析で13日、分かった。今シーズンのインフルエンザは昨年末に全国的な流行に入り、当初はA香港型の患者が多かったが、その後新型の増加が著しいという。

 同研究所感染症情報センターの安井良則(やすい・よしのり)主任研究官は「新型の本格流行が始まりつつあり、昨シーズン、新型患者が少なかった20-40代と5歳未満は要注意だ。今からでも予防接種を受けてほしい」と呼び掛けている。

 同研究所は、各地の薬局に持ち込まれたインフルエンザ治療薬の処方箋の数から患者数を推計。正式な発生動向調査である全国約5千の医療機関からの報告と、ほぼ同様の傾向を示している。

 それによると年明けから宮城、東京、神奈川、愛知、大阪、福岡などの都市部で患者が急増。連休明けの11日には特に増えた。都道府県などへの聞き取りでは、大半は新型という。

 発生動向調査では、昨年12月27日-今年1月2日の1週間の1機関当たりの患者は2・3人と11週連続で増加した。学校や医療機関が休みとなる年末年始をはさんだため伝染性紅斑、RSウイルス感染症などの患者報告数は前週に比べ減少したが、インフルエンザは増えた。この間の流行の中心は20代とみられる。

 安井さんは「新型の場合、大人でも急激に悪化する肺炎が起こり得る。症状が出たら早く医療機関に受診してほしい」と話している。

 新型は昨シーズン、推計で約2千万人以上が感染したが、病原性は低かった。だが過去の新型インフルエンザでは、流行の第2波で死者が増えるケースもあった。

2月 23 2010

インフル注意報、全国で「解除」

2010年2月20日 提供:読売新聞
 国立感染症研究所は19日、全国約5000医療機関を対象にしたインフルエンザの定点調査で、最新の1週間(8-14日)の新規患者数が1医療機関当たり2.81人となり、都道府県別でも全自治体で注意報レベルを示す10人を下回ったと発表した。

 ほとんどが新型インフルエンザとみられ、昨年7月下旬に沖縄県で注意報レベルを超えて以来、全都道府県で10人未満となったのは約7か月ぶり。

 都道府県別で最も多かったのは福井で7.97人。次いで沖縄5.66人、埼玉5.39人など。佐賀を除く46都道府県で前週を下回った。

1月 13 2010

季節性インフルどこへ? 流行期もウイルス検出なし

2010年1月12日 提供:共同通信社
 新型インフルエンザの大流行が続く中で、例年流行していたAソ連型、A香港型の季節性インフルエンザウイルスがほとんど検出されていない。新たなインフルエンザのパンデミック(世界的流行)が起きると、それまで流行していたA型ウイルスが新しいウイルスに置き換わる現象が過去にも起きているが、従来の季節性インフルエンザはもう流行しないのだろうか? 今後の状況次第では、来シーズンのワクチン製造にも影響が出てくる。

 ▽世界的に同じ

 毎年、インフルエンザが流行期に入る12月。2008年にはAソ連型、A香港型を合わせて1カ月で919件、07年は1026件、流行開始が遅かった06年でも27件のウイルス検出があった。

 ところが今シーズン、12月のウイルス検出はAソ連型、A香港型ともにゼロ。10月終わりごろに1件報告されて以降、現在まで出ていない。

 「世界的にも日本と同じような状況だ」。国立感染症研究所感染症情報センターの谷口清州(たにぐち・きよす)室長はこう指摘する。

 人で流行するインフルエンザウイルスは、構造の違うA型とB型に分けられる。A型では、昨シーズンまでAソ連型とA香港型の2種類が毎年流行していた。そこに、同じA型の新型インフルエンザが発生した。

 ▽仕組みは不明

 新たなウイルスの出現により、それまでのウイルスが淘汰(とうた)されてしまうことは過去に何度も繰り返されてきた。1918年のスペイン風邪以降、長年流行を続けていたウイルスは、57年のアジア風邪流行で新しいウイルスに置き換わった。だが、このウイルスも68年の香港風邪以降はA香港型に置き換わり、77年以降はAソ連型が加わった。

 なぜ淘汰されるのか、そのメカニズムは分かっていない。

 インフルエンザに詳しい押谷仁(おしたに・ひとし)東北大教授は「今後どういう展開になるのかは分からない。従来の季節性インフルエンザが淘汰されたと言うのはまだ早いだろう。今はインフルエンザが出始める時期。新型の患者が1千万人以上出ている中で、少数の季節性の患者を見つけるのが難しいということも考えられる」と慎重な見方だ。

 ▽来季のワクチン

 季節性の動向は、来シーズンのワクチン製造に影響する。通常、次のシーズンのワクチン製造に当たっては、前シーズンの国内外の流行状況などを踏まえてはやりそうなウイルスを予測。実際の製造に用いるウイルスの種類を決定し、春から製造を始める。

 現在の季節性インフルエンザワクチンには、Aソ連型、A香港型、B型の3種類の抗原が入っているが、新型が席巻している現状をどう分析し、どの抗原を入れるのか。

 「そろそろ決定しなければならない時期が来るが、その時点のデータで判断するしかないだろう」と谷口室長。押谷教授も「季節性インフルエンザが消えてしまうのか、判断が難しい状況だ」と話している。

Alibi3col theme by Themocracy